プラセンタの効果と効能

プラセンタの効果と効能

アンチエイジングという言葉をご存知の方も多いと思います。

アンチエイジングとは、年齢を重ねることによって起こる、身体の機能の低下や老化の原因を抑えることを指します。

アンチエイジングの方法には、様々なものがありますが、健康食品や美容製品などを通して、アンチエイジングをされる方が多いようです。

毎日の中で、ご自身を磨かれている方の中には、お手入れで使用している美容製品の中に、アンチエイジング効果のある成分が配合されているものを、取り入れられている方もいらっしゃいますが、中でも、プラセンタは、健康・美容業界から注目されている成分のひとつです。

・プラセンタが持っている効果や効能

プラセンタが持っている働きには、様々なものがあります。

健康をサポートする点から見てみると、細胞の増殖や再生・血行促進・抗酸化作用・抗炎症作用・抗アレルギー作用・疲労回復作用・創傷回復作用・基礎代謝向上作用など、数多くの効能があります。

そして、美容をサポートする点から見てみると、保湿・コラーゲンの生成・美白などの効果があります。

・アンチエイジングとプラセンタ

老化の原因のひとつに、身体全体の細胞の劣化や死滅などが挙げられます。

この年齢を重ねるごとに低下していく細胞の働きをサポートすることが、アンチエイジングに繋がることが知られています。この細胞の働きをサポートする働きのあるプラセンタは、美容や健康の分野などから注目されている成分で、数多くの製品の中に配合されています。

・プラセンタが細胞に働きかけるメカニズム

プラセンタには、栄養素が含まれているだけではなく、細胞を成長させたり、また、細胞の修復を行なう鍵となる成長因子(グロース・ファクター)が含まれています。

この成長因子(グロース・ファクター)が細胞に働きかけることによって、細胞分裂を活発化させて、細胞の生まれ変わりを促します。この働きが結果的に、身体全体を活性化させることによって、アンチエイジングに繋がるのです。

プラセンタが配合されている製品には、様々なものがあります。日々の中で上手にプラセンタを取り入れることも、アンチエイジングのひとつの方法です。

 

プラセンタの種類

プラセンタの種類

近年では、美容製品に関する研究や開発が進んできており、効果の高い製品が作られるようになってきました。そんな美容製品の中に配合されている成分の中でも、プラセンタは、広く知られている成分でもあり、様々な効果や効能が科学的な研究で実証されている成分でもあります。

プラセンタと一言で言っても、様々な種類があるのをご存知ですか?

プラセンタには、馬・豚・羊・人の4種類があります。

さっそく、それぞれのプラセンタの特徴を見ていきましょう。

・馬プラセンタ

プラセンタの種類

馬プラセンタに使用されているプラセンタは、国産サラブレットの胎盤から抽出されるプラセンタエキスです。

国産サラブレットは、きちんとした飼育環境の中で大切に育てられているため、良質なプラセンタが抽出されると言われています。

特徴としては、アミノ酸が豊富に含まれており、馬は年に1回だけの出産となるため、希少価値の高いプラセンタであると言えます。

馬プラセンタはこちら⇒馬プラセンタサプリ一覧

・豚プラセンタ

プラセンタの種類

馬と比較すると、豚は年2回の出産であることや、1度の出産で産まれてくる子豚の数も多いため、プラセンタエキスを多く抽出することが出来ます。

そのため、多くのプラセンタ製品には、豚プラセンタが使用されていることが多いのです。

中でも、SPF豚のプラセンタは、きちんとした飼育環境の中で育てられるているので、通常の豚プラセンタよりもさらに良質なプラセンタとなります。

・羊プラセンタ

プラセンタの種類

羊プラセンタは、人間の胎盤に近いアミノ酸組織が含まれているため、人間の体内に浸透しやすいという特徴を持っています。

羊は、病気に掛かりにくく、薬剤などが投与されることが少ないため、安心して使用することのできるプラセンタと言えます。

・人プラセンタ

プラセンタの種類

日本の産婦人科から提供される日本人の胎盤から抽出されるものが、国内で使用されている人プラセンタです。人プラセンタは、医療機関のプラセンタ注射の原料のみに使用されています。


プラセンタには、このように様々な種類や特徴があります。それぞれの特徴を知った上で、プラセンタが配合されている製品を選ぶと良いでしょう。
プラセンタには色々な種類がありますが、サプリとして使われているのは馬と豚と羊です。その中でも特に安全なのが馬プラセンタと羊のプラセンタです。

安全性を重視したいという方は、高品質で、尚且つ馬か羊のプラセンタから選ぶようにしましょう。

 

プラセンタに副作用はあるの?

プラセンタに副作用はあるの?

お肌のお悩みを抱えている女性が少なくありません。

乾燥肌や脂性肌などのお肌の性質が原因となるお肌の悩みや、年齢を重ねるごとに気になってくるお肌の悩みなど、その悩みにも様々なものがあります。

こうした様々な悩みに幅広く効果があることで知られているプラセンタは、数多くの美容製品に含まれています。プラセンタが配合されているサプリメントやドリンクなどがある中で、毎日の中に、こうした製品を取り入れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


プラセンタの種類

プラセンタは、細胞分裂を促進する成長因子などの栄養素を、胎盤から抽出したものであり、馬・豚・羊・人の4種類のプラセンタがあります。

 

美容製品の原料として使用されているものは、馬・豚・羊のプラセンタですが、中でも、豚プラセンタは、大量に抽出して生産できることから、数多くの製品に使用されています。

人プラセンタは、サプリメントやドリンクなどの美容製品ではなく、医療機関などで使用されるプラセンタ注射の原料となっています。

 

多くの方に使用されているプラセンタには、どのような働きがあるのでしょうか。また、副作用などはあるのでしょうか。プラセンタのこのような点について、見ていきましょう。

・プラセンタが持っている働き

プラセンタは、お肌の様々なトラブルを改善する働きを持っており、活性酸素除去作用・免疫賦活作用・乾燥肌の改善・細胞の修復と再生・新陳代謝の促進・血行促進・メラニン色素の生成の抑制など、お肌の悩みを幅広くサポートする働きを持っています。

・プラセンタの副作用

それぞれのプラセンタには、特徴の違いがあることから、体質によって、合うプラセンタと合わないプラセンタがあるようです。

プラセンタをご使用されている方の中には、使用されるにつれて、やや不快な症状などを感じる場合もあるようですが、これらの多くは、好転反応と言って、プラセンタの働きにより、代謝が活性化されて体質が変わる時に現れる症状なのだそうです。

プラセンタ注射と違って、プラセンタ配合の製品などでは、ほとんど副作用は見られないようですが、アレルギーなどを持っている方や、通院されている方などは、掛かりつけの医師に製品について、相談してみると良いでしょう。

[プラセンタの関連サイト]
日本プラセンタ美容研究会
プラセンタ博士.com